抗がん剤 便秘 解消方法

 

抗がん剤による副作用 便秘の解消方法

 

抗がん剤の副作用の1つに「便秘」があります

 

一般的に抗がん剤の副作用というと、

  • ひどい吐き気
  • おう吐
  • 免疫力の低下

が有名ですよね。

 

しかし、実は副作用の1つに「便秘」があるんです。

 

私は肺がんの治療で抗がん剤治療を行っていました。

 

その際、便秘がひどくて便が出ずお腹が痛いだけでなく、気持ちも悪くなり、さらに凄い倦怠感でやる気もなくなったんですよね。

 

 

「癌になる前は便秘とは無縁だったのに、なんで急に便秘になったんだろう・・・?」

 

当時はこれが副作用ということも分からず悩んでいました。

 

便秘を解消するのに手っ取り早いのは便秘薬や下剤ですが、ただでさえ抗がん剤治療で体中が薬漬け・・・。

 

これ以上、薬に頼りたくない!!

 

その後 色々調べてよい解決法を見つけたため、薬を使わずに便秘を治すことができたんです。

 

さらに嬉しいことに・・・!!

 

便秘以外の抗がん剤の副作用を減らすだけでなく、癌自体を減らす効果があったのか体の回復が早いことを実感しました。

 

私と同じように、

  • 抗がん剤の副作用で便秘に悩んでいる
  • 便秘を解消するのに薬を使いたくない
  • できるだけ自然な形で便がでるようにしたい

 

そのような思いを抱えている方には参考になると思います。

 

それでは始めます。

 

 

なぜ、抗がん剤を投与すると便秘になるの?

 

抗がん剤には腸の働きを弱める物質が含まれているものが多いんです。

 

特に、

  • パクリタキセル(タキソール)
  • ドセタキセル(タキソテール)

などは様々な癌の症状に使われる抗がん剤です。

 

これらの抗がん剤には心臓の動きや呼吸、腸の動きなどを制御する自律神経や、体の末端の神経の動きをつかさどる末梢神経の働きを邪魔する働きがあるんです。

 

腸は蠕動(ぜんどう)運動という動きによって便を運びますが、薬の作用で蠕動(ぜんどう)運動が阻害されることで便秘になりやすくなります。

 

<便秘になりやすい抗がん剤の例>

パクリタキセル(タキソール)
ドセタキセル(タキソテール)
ビンクリスチン(オンコビン)
ビンブラスチン(エクザール)
ビンデシン(フィルデシン)
ビノレルビン(ナベルビン)

 

これらは抗がん剤の中でも便秘になりやすい薬と言われています。

 

中でも、パクリタキセル(タキソール)、ドセタキセル(タキソテール)は一般的に癌治療に使われることが多いものです。
※()の中は商品名です。

 

できれば、便秘にならないように薬の成分を調整して欲しいって思いますが、こればかりは医学の発展を祈るしかありませんね。

 

 

 

便秘になる原因は抗がん剤だけじゃない!

 

便秘の原因は抗がん剤だけじゃありません。
抗がん剤以外の原因による便秘もあります。

 

吐き気止め

 

「吐き気止め」にも便秘の原因となるものがあります。

 

抗がん剤の強い副作用に「吐き気」があり、それを抑えるために抗がん剤とともに吐き気止めも処方されることがあります。

 

グラニセトロン(カイトリル)、アザセトロン(セロトーン)、オンダンセトロン(ゾフラン)、ラモセトロン(ナゼア)

 

これらは一般的に使われている「便秘になりやすい吐き気止め」です。

 

水分不足による便秘

 

入院中は意識しないと水分を取り忘れるケースが多いんです。
特に、抗がん剤の副作用で吐き気などがあると、水を飲むのも億劫(おっくう)になりますよね。

 

水分が足りなければ、腸内の便が固まってしまい便秘の原因になります。

 

運動不足

 

長期入院などの場合によくありますが、長期間ベッドで寝たきり状態になっていると代謝が悪くなり
便秘の原因になります。

 

強いストレス

 

ストレスにより便秘になるというのも原因の1つです。
特に、癌になった、癌の治療をしなければならない、抗がん剤を投与しないといけない。

 

これらのストレスは、実際に経験した人間でないと分からないほどのストレスだと思います。

 

 

抗がん剤治療中に便秘薬や下剤を使う危険性!

 

よく、便秘がひどい時には下剤や便秘薬を飲みますよね。

 

市販の便秘薬にも効果の弱いものから強いものまでありますが、効果の強いもので有名なのが「コーラック」ではないでしょうか?

 

こうした強い便秘薬は確かに効果はありそうですが、その反面「デメリット」も多いんです。

 

中には排便時のお腹の痛みでトイレの中で気絶するケースも。

 

当然、腸にかかる負担も大きいんです。

 

「腸は最大の免疫機関」

 

とも言われています。

 

抗がん剤治療を行うと体内の免疫力が極端に下がります。

 

そんな中、便秘薬で腸にまでダメージを与えたら・・・。

 

でも、
「病院で処方されるような酸化マグネシウムなら大丈夫だろう」
と思います。

 

もちろん、弱めの薬ならば免疫を害することも少ないでしょうが、それでも少しでも免疫を損なうならば、長期間に渡っては使いたくないところです。

 

私の場合は、次に紹介する食事による療法と、初期の酸化マグネシウムで便秘解消に成功しました。

 

 

薬に頼らずに便秘を解消する方法

 

「食事」が便秘解消の基本!

 

便秘解消の基本にして奥義は「食事」です。

 

普段の食事を見直すことで腸の環境はよくなりますし、便がでやすくなる食べ物を心がけることで便通は改善していきます。

 

 

便秘解消に役立つ食べ物

 

リンゴ
にんにく
オリーブ油
プルーン
バナナ
コンニャク
キノコ
ゴボウ

 

これらは食物繊維が豊富で、腸の中の便を出しやすくする働きがあるとされています。
逆に、便秘になりやすい食べ物というものも存在します。

 

 

便秘になりやすい食べ物

 

肉類
アイスクリーム
ナス
きゅうり
お茶・赤ワイン等のタンニンを多く含むもの

 

これらは便を固めてしまうことで便秘になりやすい食べ物とされています。

 

食事による便秘解消は、

  • 便秘解消に役立つ食べ物を豊富に食べる!
  • 便秘になりやすい食べ物を徹底して食べない!

 

簡単に言えばこの2つです。
ちなみに、私は一番最後でお話ししている「FDG1000」が効果があったと感じています。

 

 

「運動」でサポート!

 

「毎日しっかり運動すれば便秘は治る!!」
・・・とは言いません。

 

そもそも抗がん剤の副作用で便秘になっている場合、運動とは別の原因ですので。

 

しかし、腹筋などの腸を刺激する運動が便秘解消のサポートをしてくれるのは間違いありません。
毎日10分でもいいので体を動かしましょう。

 

 

便秘解消を実感した食品がこれ!

 

便秘を解消する方法として

 

  • 食べ物
  • 運動
  • ストレスを減らす

 

と大きく分けて3つの方法があります。

 

でも、運動にしろストレスを貯めない、ということにしろ簡単にできることじゃないですよね^^;

 

抗がん剤治療中はただでさえやる気でないのに、運動なんてできません。
癌に侵されてるのにストレス貯めるななんて無理!!

 

そこで選んだのが「食事」による便秘解消法でした。

 

野菜関係をたくさん摂るのがいいのは分かりましたが、食欲も落ちますし好き嫌いが激しいのでなかなか便通にいいものを食べられません。

 

「もっと手軽に、身体に負担をかけずに便秘を治す方法ないかな〜?」

 

と、探していて見つけたのが「FDG1000」というサプリメントだったんです。

 

 

 

最初、このページを見た時には詳しい説明もなく、

「なんの薬なんだろう?」

 

くらいの考えでした。
でも、なにかが心のどこかが引っかかったんですよね。

 

 

そこでFDG1000というサプリメントについて調べたら

 

「抗がん剤の副作用で悩んでいた便秘がなくなった」

 

っていう口コミを見つけたんです。

 

 

フランDグルコースっていう最近特許を取った抗腫瘍成分のモニター研究結果でした。

 

このフランDグルコースっていう成分が入ったサプリメントが「FDG1000」なんです。

 

抗がん剤による副作用が軽くなったという口コミだけでなく、中には「癌自体がなくなった」という声があったのには驚きました。

>>その他のモニターさんの声

 

 

飲んでみた感想

 

早速フランDグルコースを配合しているFDG1000を試してみました。

 

値段が少々高いので、あんまりお財布には優しくありません。

 

しかし、このお腹を締め付けるようなツラ〜イ便秘が少しでも軽くなるなら・・・。

 

と、思って3ヵ月は試してみようと購入しました。

 

 

見た目はハチミツみたいですが、味はそこまで甘くないですね。

 

食欲がない時でも食べやすいハチミツっぽい食感です。

 

私はいちいちお皿に移すのが面倒だったので、袋を切ったらそのまま口で吸っちゃってます。
(今思えばお行儀は悪いですね)

 

味はほんのり甘めで飲みこみやすかったですが、甘いものが極端に嫌いな人は抵抗あるかも?
甘いのが嫌いな人はお水を容易した方がいいですね。

 

 

効果を感じたのは2ヶ月後でした

 

「本当に効果あるのかな〜・・・」

 

FDG1000を飲み始めて1ヵ月くらいは効果を感じませんでした。
相変わらずお腹は岩みたいにガチゴチで辛かったです。

 

抗がん剤治療中の割には食欲は少し戻ったかな?という感じがした程度でした。

 

しかし、2ヶ月後、一気にゲリをしたんです。

 

古便が一気にでた感じでしたね。

 

その後は激しく便秘になることもなく、お腹周りもじゃっかんスッキリしました。

 

なにより、FDG1000のお陰なのか腫瘍マーカーの値も明らかに下がったのが驚きでした。

 

モニターの結果にもあるように、フランDグルコースも効果を感じた方と感じなかった方がいます。

 

私は効果を実感しましたが、あなたに効果があるかも分かりません。

 

しかし、副作用もでないようですしチャレンジしてみる価値はあると思いますよ。

 

もし、便秘などの副作用に悩まれているなら試してみてくださいね。

 

>>私が飲んでいたFDG1000の公式サイト